大紀元時報

イランで強力なコロナ第2波、医療従事者や病床の不足深刻

2020年07月17日 10時46分
7月16日、イランの新型コロナウイルス対策チームの当局者は16日、同国で強力な感染第2波が発生しており、医療従事者や病床の不足が深刻化していると明らかにした。テヘランの地下鉄で6月撮影(2020年 ロイター/ WANA (West Asia News Agency) )
7月16日、イランの新型コロナウイルス対策チームの当局者は16日、同国で強力な感染第2波が発生しており、医療従事者や病床の不足が深刻化していると明らかにした。テヘランの地下鉄で6月撮影(2020年 ロイター/ WANA (West Asia News Agency) )

[16日 ロイター] - イランの新型コロナウイルス対策チームの当局者は16日、同国で強力な感染第2波が発生しており、医療従事者や病床の不足が深刻化していると明らかにした。イラン学生通信(ISNA)が伝えた。

イランは中東で最悪の感染被害を受けているが、4月半ばに感染拡大抑制のためのロックダウン(都市封鎖)緩和に踏み切った。

ISNAによると、自らも感染している同当局者は、第2波は6月初めに表面化し、第1波よりはるかに強力であることが判明したと述べた。

保健省報道官が国営テレビで語ったところによると、イランで確認されている新型コロナ関連の死者は1万3608人、過去24時間に確認されたのは198人となっている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^