大紀元時報

釈放の清華大教授が声明、「中国人民が必ず自由を」

2020年07月20日 20時06分
中国清華大学法学院の元教授、許章潤氏(新唐人テレビが合成)
中国清華大学法学院の元教授、許章潤氏(新唐人テレビが合成)

中国当局に拘束されていた清華大学法学院の許章潤教授は7月19日、釈放後初めての声明を発表した。同氏は、命のある限り体制批判を続けていくと述べ、「全体主義体制が必ず失敗に終わり、中国国民は必ず自由を手に入れる」と示した。

香港メディア「香港電台(RTHK)」が発表した許教授の声明では、150万円を寄付してくれた友人や清華大学の卒業生ら594人への感謝を述べた。教授は、受け取った寄付金を「苦難に陥っている同胞に使いたい」とした。

許教授は、中国半分の地域が深刻な洪水被害に見舞われている中、政府系メディアが「ことさらに世の中が平安であるのかように飾り繕っており」、国内知識人が「萎縮しており」「官僚は意志消沈し、適当にあしらっており、共産党体制の崩壊を待っている状態だ」と指摘した。中国は、共産党による「邪悪な政治体制を改めなければ、国際社会で孤立を深めていくだろう」。

教授は、共産党政権を批判することは「天命だ」とした。

今年57歳の許教授は、過去数年間に中国共産党指導部を糾弾する文章を少なくとも10回発表した。7月6日、売春の容疑で警察に連行され、12日に釈放された。売春の容疑について教授は事実無根と主張している。中国当局は体制を批判する有名人を度々、売春の容疑で逮捕した。恥をかかせ、社会で信頼を落とすためだとみられる。

今年2月初めの文章では、同氏は中国当局が中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染情報を隠ぺいしたことを非難し、「(中国当局が)政権を守るという私利から、中国国民14億人の命を水火の苦しみに陥らせた」「天災というより人災である」と糾弾した。

 

(翻訳編集・張哲)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^