大紀元時報

英、香港住民の市民権受付を来年1月に開始 対象300万人

2020年07月23日 08時43分
英国のパテル内相(写真)は22日、香港住民の英市民権取得申請の受付を2021年1月に開始すると発表した。約300万人が対象となり、英国内で職業を確保している必要はない。6月撮影(2020年 ロイター/Peter Nicholls)
英国のパテル内相(写真)は22日、香港住民の英市民権取得申請の受付を2021年1月に開始すると発表した。約300万人が対象となり、英国内で職業を確保している必要はない。6月撮影(2020年 ロイター/Peter Nicholls)

[ロンドン 22日 ロイター] - 英国のパテル内相は22日、香港住民の英市民権取得申請の受付を2021年1月に開始すると発表した。約300万人が対象となり、英国内で職業を確保している必要はない。

パテル内相は議会に宛てた声明で「海外在住英国民(BNO)の資格を有する香港の住民による英市民権取得申請の受付を21年1月に開始する」と表明した。

その上で「職業技能、最低収入要件、経済支援の必要性は問わず、受け入れ数の上限は設けない。香港在住のBNOに対し、完全な英市民権取得の道を開く」とし、「英国に移住する前に職業を確保する必要はない。BNO資格を持たない扶養家族を伴うこともできる」とした。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^