大紀元時報

中南米、コロナ感染最多地域に 米・加の合計抜く=ロイター集計

2020年07月27日 10時54分
7月26日、ロイターの集計によると、中南米諸国の新型コロナウイルス感染者数が累計432万7160人に上り、米国とカナダの合計(430万8495人)を初めて上回った。写真は7月24日、メキシコ市で撮影(2020年 ロイター/Henry Romero)
7月26日、ロイターの集計によると、中南米諸国の新型コロナウイルス感染者数が累計432万7160人に上り、米国とカナダの合計(430万8495人)を初めて上回った。写真は7月24日、メキシコ市で撮影(2020年 ロイター/Henry Romero)

[アスンシオン/サンティアゴ 26日 ロイター] - ロイターの集計によると、中南米諸国の新型コロナウイルス感染者数が累計432万7160人に上り、米国とカナダの合計(430万8495人)を初めて上回った。世界全体に占める割合は26.83%で、感染者が最も多い地域となった。

ブラジル、メキシコ、ペルー、コロンビア、アルゼンチンで感染者が急増している。

国別では米国が感染者数(420万人超)、死者数(約14万6000人)ともに依然として世界最多。次いでブラジル(感染者240万人、死者約8万7000人)が世界で2番目に多い。

メキシコ、ペルー、チリも感染者数が多い上位10カ国に入っている。

世界全体の感染者数は1610万人を突破した。

公衆衛生専門家は、特に検査体制が不十分な国では感染者数と死者数の報告が実際の数字を下回っている可能性は極めて高い、とみている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^