大紀元時報

豪ビクトリア州、ロックダウン延長の可能性も

2020年07月27日 10時53分
オーストラリア第2の人口を擁するビクトリア州の当局者は7月27日、新型コロナウイルス感染の第2波抑制のため実施しているロックダウン(都市封鎖)について、長期化する可能性があると述べた。23日、メルボルンで撮影(2020年 ロイター/Sandra Sanders)
オーストラリア第2の人口を擁するビクトリア州の当局者は7月27日、新型コロナウイルス感染の第2波抑制のため実施しているロックダウン(都市封鎖)について、長期化する可能性があると述べた。23日、メルボルンで撮影(2020年 ロイター/Sandra Sanders)

[シドニー 27日 ロイター] - オーストラリア第2の人口を擁するビクトリア州の当局者は27日、新型コロナウイルス感染の第2波抑制のため実施しているロックダウン(都市封鎖)について、長期化する可能性があると述べた。

新たな感染者数の増加を受けて、同州では今月、州都メルボルンで6週間のロックダウンやマスク着用義務化などの感染拡大抑制策を導入。ロックダウンは3週間目に入った。

同州内で26日に確認された死者は10人で、これまでで最多となった。新たな感染者も459人と、2番目に多い水準だった。

保健当局者はテレビ番組で、感染拡大は抑制されつつあるとしながらも、新型ウイルスが市中に「根付いて」いるため、ロックダウンは当初予定の6週間より長期化する可能性もあるとの認識を示した。

隣接するニューサウスウェールズ州でも、宿泊施設や飲食店などで複数のクラスター(集団感染)が発生している。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^