大紀元時報

前ローマ教皇の重篤報道、バチカンが否定 「心配な状態でない」

2020年08月04日 09時31分
バチカン(ローマ教皇庁)は3日、前ローマ教皇ベネディクト16世が重篤な状態にあると伝えたドイツ紙の報道に関して、「特に心配される状態ではない」と明らかにした。写真は2013年2月、バチカンで撮影(2020年 ロイター/Alessandro Bianchi)
バチカン(ローマ教皇庁)は3日、前ローマ教皇ベネディクト16世が重篤な状態にあると伝えたドイツ紙の報道に関して、「特に心配される状態ではない」と明らかにした。写真は2013年2月、バチカンで撮影(2020年 ロイター/Alessandro Bianchi)

[ベルリン/バチカン市 3日 ロイター] - バチカン(ローマ教皇庁)は3日、前ローマ教皇ベネディクト16世が重篤な状態にあると伝えたドイツ紙の報道に関して、「特に心配される状態ではない」と明らかにした。

独紙パッサウ・ノイエ・プレッセは同日、伝記作家のペーター・シーウォルド氏の話として、93歳の前教皇が非常に衰弱しており、声もほとんど聞き取れないと報道。帯状疱疹を患っているとした。

バチカンは声明を発表し、前教皇の健康状態は痛みが伴うものの重篤ではなく、そういう状態を除けば特に心配はないと説明した。

ベネディクト16世は2005年にローマ教皇に選出され、13年に高齢を理由に退位を表明した。

*内容を追加しました。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^