大紀元時報

日本製鉄、 差し押さえ命令には即時抗告行う予定=徴用工問題で

2020年08月04日 11時36分
8月4日、日本製鉄は、太平洋戦争中の徴用問題を巡り韓国側が日本企業の資産売却に向けた手続きに入る見通しとなる中で、資産の差し押さえ命令に対しては即時抗告を行う予定だとするコメントを発表した。写真は日本製鉄のロゴ。都内で2019年3月撮影(2020年 ロイター/Yuka)
8月4日、日本製鉄は、太平洋戦争中の徴用問題を巡り韓国側が日本企業の資産売却に向けた手続きに入る見通しとなる中で、資産の差し押さえ命令に対しては即時抗告を行う予定だとするコメントを発表した。写真は日本製鉄のロゴ。都内で2019年3月撮影(2020年 ロイター/Yuka)

[東京 4日 ロイター] - 日本製鉄<5401.T>は4日、太平洋戦争中の徴用問題を巡り韓国側が日本企業の資産売却に向けた手続きに入る見通しとなる中で、資産の差し押さえ命令に対しては即時抗告を行う予定だとするコメントを発表した。

日本製鉄の広報担当者は、徴用工問題について、1965年の日韓請求権・経済協力協定で「完全かつ最終的に解決された」ものと理解しており、引き続き日韓両国政府による外交交渉の状況なども踏まえ、適切に対応していくとしている。

 

元徴用工をめぐる訴訟で韓国最高裁が新日鉄住金(現日本製鉄)に賠償を命じた問題に関して、韓国の地裁が出した日本製鉄の資産差し押さえ命令の効力が、4日に発生した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^