大紀元時報

中国、米国との対立激化望まず=崔天凱・駐米大使

2020年08月27日 22時17分
8月4日、中国の崔天凱・駐米大使は、米中の領事館閉鎖の応酬を受け、両国間の緊張がこれ以上高まることを望んでいないと表明した。写真は2018年11月撮影(2020年 ロイター/Jim Bourg)
8月4日、中国の崔天凱・駐米大使は、米中の領事館閉鎖の応酬を受け、両国間の緊張がこれ以上高まることを望んでいないと表明した。写真は2018年11月撮影(2020年 ロイター/Jim Bourg)

[ワシントン 4日 ロイター] - 中国の崔天凱・駐米大使は4日、米中の領事館閉鎖の応酬を受け、両国間の緊張がこれ以上高まることを望んでいないと表明した。

同大使はアスペン・セキュリティ・フォーラムで、米中は対立するのではなく、協力すべきだと指摘。「新たな冷戦は誰の利益にもならないだろう。非常に多くの新しい課題に直面しているときに歴史を繰り返す必要はない」と述べた。その上で、米国が7月に閉鎖したテキサス州ヒューストンの中国総領事館がスパイ行為を行っていたとする同国の主張を否定した。

米中関係は今年に入り、新型コロナウイルスや中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]、南シナ海の領有権主張、香港の統制強化などを巡り急速に悪化している。

中国国営メディアは7月、米国による総領事館閉鎖の動きが11月の米大統領選を控えた政治的な策略だと非難している。

同大使は、中国が南シナ海で威嚇戦略を行っているとの米国の主張を一蹴し、南シナ海での米軍事活動の拡大は衝突リスクを高めていると批判した。

中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)子会社の動画投稿サービス「TikTok(ティックトック)」については、同社が中国政府に情報を提供している証拠はまったくないと主張した。

一方、米中が署名した貿易協議の第1段階合意については「両国の経済担当チームが様々なレベルで接触を続けており、進展している」と説明した。

*内容を追加しました。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^