大紀元時報

政府、雇用調整助成金の特例延長を検討=関係者

2020年08月05日 13時37分
8月5日、政府は、新型コロナウイルス対策の柱としている「雇用調整助成金(雇調金)」の特例措置を延長する検討に入った。写真は都内で5月撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)
8月5日、政府は、新型コロナウイルス対策の柱としている「雇用調整助成金(雇調金)」の特例措置を延長する検討に入った。写真は都内で5月撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 5日 ロイター] - 政府は、新型コロナウイルス対策の柱としている「雇用調整助成金(雇調金)」の特例措置を延長する検討に入った。複数の政府関係者が5日までに明らかにした。

雇調金は従業員に休業手当を支払った企業への支援金で、新型コロナ感染拡大を受けて9月末までの特例として日額上限を1万5000円に引き上げた。4日の政府と与野党との会議で「12月末まで延長すべき」との声が出たことを踏まえ、9月末としていた期限を再延長する。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^