大紀元時報

中国でまたカナダ人に死刑判決、華為技術CFO逮捕後4人目

2020年08月07日 18時15分
8月7日、中国で、カナダ国籍の被告が新たに違法薬物の輸送と製造の罪で死刑判決を受けた。前日も薬物関連の罪でカナダ人に死刑判決が言い渡されている。写真は中国の国旗。上海で2016年1月撮影(2020年 ロイター/Aly Song)
8月7日、中国で、カナダ国籍の被告が新たに違法薬物の輸送と製造の罪で死刑判決を受けた。前日も薬物関連の罪でカナダ人に死刑判決が言い渡されている。写真は中国の国旗。上海で2016年1月撮影(2020年 ロイター/Aly Song)

[北京 7日 ロイター] - 中国で7日、カナダ国籍の被告が新たに違法薬物の輸送と製造の罪で死刑判決を受けた。前日も薬物関連の罪でカナダ人に死刑判決が言い渡されている。

2018年にカナダ当局が華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)を逮捕して以降、中国とカナダの関係は急速に悪化。孟氏の逮捕以降、死刑判決を受けたカナダ人はこれで4人になった。

広東省仏山の中級人民法院(地裁)のウェブサイトに掲載された通達によると、7日に死刑判決を受けたのはYe Jianhuiという名前の男性。地元メディアは同被告が合成麻薬MDMAを含む結晶218キロを所有していたと報じている。

6日には広東省広州市の中級人民法院がカナダ国籍のXu Weihong被告に薬物製造の罪で死刑を言い渡した。

カナダ外務省のバブコック報道官は「カナダは死刑判決を受けた全ての国民に対する寛大な措置を求める」と述べた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^