大紀元時報

米、イランのタンカー4隻拿捕 ベネズエラへの燃料輸送を阻止

2020年08月16日 00時12分
14日、米国はベネズエラに向けて航行していたイランの燃料タンカー4隻を拿捕したと発表した。写真はイランの国旗。2009年6月撮影(2020年 ロイター/Mike Blake)
14日、米国はベネズエラに向けて航行していたイランの燃料タンカー4隻を拿捕したと発表した。写真はイランの国旗。2009年6月撮影(2020年 ロイター/Mike Blake)

[ワシントン 14日 ロイター] - 米国は14日、ベネズエラに向けて航行していたイランの燃料タンカー4隻を拿捕したと発表した。米制裁に違反するイラン・ベネズエラ間の主要供給路を阻止したという。

トランプ大統領は記者会見で、イランはベネズエラに燃料を送るべきではないと指摘。差し押さえた燃料は米国の主要な石油輸送ハブであるテキサス州ヒューストンに向かったとした。

米司法省は、今回押収した燃料は約111万6000バレルと過去最大で、現在は「提携国の協力とともに」米国の管理下にあるとした。

米国務省は声明で「イラン担当特別代表ブライアン・フック氏を中心に、ベネズエラへのイラン産原油輸送を阻止し、司法省および国土安全保障省による差し押さえ命令の実行を支援した」と発表した。

司法省、国務省ともタンカー拿捕がいつ、どこで、どのように行われたのかを明らかにしていない。フック氏がどのような手順で拿捕に関与したかも不明。

ポンペオ米国務長官は6日、フック氏が退任し、ベネズエラ担当特使のエリオット・エイブラムス氏がイラン担当を兼任すると発表していた。正式な退任時期は明らかになっていない。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^