大紀元時報

米コロナ対策のファウチ氏が声帯ポリープ除去手術、容体安定

2020年08月21日 12時50分
米政府の新型コロナウイルス対策わの一翼を担う国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のファウチ所長が20日、声帯のポリープを除去する手術を受けたと、NIAIDの広報が明らかにした。ワシントンで7月代表撮影(2020年 ロイター)
米政府の新型コロナウイルス対策わの一翼を担う国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のファウチ所長が20日、声帯のポリープを除去する手術を受けたと、NIAIDの広報が明らかにした。ワシントンで7月代表撮影(2020年 ロイター)

[20日 ロイター] - 米政府の新型コロナウイルス対策の一翼を担う国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のファウチ所長が20日、声帯のポリープを除去する手術を受けたと、NIAIDの広報が明らかにした。

ファウチ氏は術後、自宅で療養しているという。

CNN記者はツイッターへの投稿で、ファウチ氏から術後に容体は良好というテキストメッセージがあったことを明らかにし、「ファウチ氏は医師から声帯が回復するまで話をする機会を減らすよう勧められた」と伝えた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^