大紀元時報

トルコ、黒海で最大規模のガス田 エネルギー海外依存低減に期待

2020年08月22日 12時49分
8月21日、トルコ政府は黒海で埋蔵量3200億立方メートルに上る同国史上最大規模の天然ガス田を発見したと発表した。エルドアン大統領は、大規模なガス田の一部であり、早ければ2023年に供給を開始できると述べた。写真は同日、黒海のガス田施設を訪れたトルコのアルバイラク財務相とドンメズ・エネルギー天然資源相(2020年 ロイター/Mehmet Acar)
8月21日、トルコ政府は黒海で埋蔵量3200億立方メートルに上る同国史上最大規模の天然ガス田を発見したと発表した。エルドアン大統領は、大規模なガス田の一部であり、早ければ2023年に供給を開始できると述べた。写真は同日、黒海のガス田施設を訪れたトルコのアルバイラク財務相とドンメズ・エネルギー天然資源相(2020年 ロイター/Mehmet Acar)

[イスタンブール 21日 ロイター] - トルコ政府は21日、黒海で埋蔵量3200億立方メートルに上る同国史上最大規模の天然ガス田を発見したと発表した。エルドアン大統領は、大規模なガス田の一部であり、早ければ2023年に供給を開始できると述べた。

天然ガスを商業用に採取できれば、今回の発見によりトルコは、大半のエネルギー需要に関してロシアやイラン、アゼルバイジャンからの輸入に頼らなくてよくなる可能性がある。

エルドアン大統領は、「このガス田は、これよりもずっと大きな資源の一部だ。天然ガスがもっと出てくることを望んでいる。長年にわたりガスに関して他国に頼ってきた国として、未来は今、より安定した」と話し、いずれエネルギーの純輸出国となることを目指すと述べた。

トルコのエネルギー輸入は昨年410億ドルに増加。輸入が減れば財政が改善し、慢性的な経常赤字が縮小するが、こうした状況を背景に、通貨リラはドルに対して過去最安値水準に低迷している。

トルコのアルバイラク財務相は「経済や探査の面での可能性を踏まえると、われわれは経常赤字から脱することができると自信を持って言える」と述べた。

ただ当局者やアナリストは、ガス田から供給できるまでに最大10年間かかる可能性があると警告。生産と供給のインフラに数十億ドル規模投資する必要があるという。

トルコのドンメズ・エネルギー相はガス田が水深2100メートルに位置していると説明。採掘は海底から1400メートルに達したとし、「さらに1000メートル掘る。データによると、そこでもガスが見つかる」と語った。

トルコは黒海と地中海で天然ガスを探査してきた。領有権を争っている海域での資源開発調査は、ギリシャとキプロスの抗議を招いた。

エルドアン大統領は地中海での活動を加速すると述べた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^