大紀元時報

ロシア野党指導者ナワリヌイ氏は一命取りとめ、当面は活動不能

2020年08月24日 13時17分
移動中の旅客機内で意識不明の重体となり、ドイツ・ベルリンの病院に入院中のロシアの野党指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏は、「毒殺未遂」から一命を取りとめる見通し。写真は救急車に乗せられるナワリヌイ氏22日ロシア・オムスクで撮影(2020年 ロイター/Alexey Malgavko)
移動中の旅客機内で意識不明の重体となり、ドイツ・ベルリンの病院に入院中のロシアの野党指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏は、「毒殺未遂」から一命を取りとめる見通し。写真は救急車に乗せられるナワリヌイ氏22日ロシア・オムスクで撮影(2020年 ロイター/Alexey Malgavko)

[モスクワ/フランクフルト 23日 ロイター] - 移動中の旅客機内で意識不明の重体となり、ドイツ・ベルリンの病院に入院中のロシアの野党指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏(44)は、「毒殺未遂」から一命を取りとめる見通し。ただ、当面の政治活動は不可能という。

同氏をドイツに移送した非営利団体「シネマ・フォー・ピース財団」創設者のジャカ・ビジリ氏が、ビルト紙に対して明らかにした。

ナワリヌイ氏はプーチン大統領批判の急先鋒で、反政権デモを組織したとして何度か投獄されている。

ナワリヌイ氏は19日朝、移動中の飛行機内で体調不良を訴え、飛行機は緊急着陸し、病院に救急搬送された。側近は毒を盛られた可能性があるとの見方を示していた。同氏は22日にドイツに移送された。

ビジリ氏はナワリヌイ氏について「毒殺未遂から生還するだろうが、数カ月間、政治活動は不可能になる」と述べた。政治活動が不可能な期間は、順調に行っても最低1─2カ月に及ぶ見通しという。

入院中の病院から容体についての説明はない。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^