大紀元時報

安倍首相、28日に会見の方向で調整 再受診の後=関係者

2020年08月26日 20時17分
複数の関係者によると、安倍首相(写真)が28日に東京・信濃町の慶応大学病院を再び訪れ、その後に記者会見をする方向で調整していることが分かった。写真は6月、都内で代表撮影(2020年 ロイター)
複数の関係者によると、安倍首相(写真)が28日に東京・信濃町の慶応大学病院を再び訪れ、その後に記者会見をする方向で調整していることが分かった。写真は6月、都内で代表撮影(2020年 ロイター)

[東京 26日 ロイター] - 安倍晋三首相が28日に東京・信濃町の慶応大学病院を再び訪れ、その後に記者会見をする方向で調整していることが分かった。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

    同日の会見内容や、事前に病院を訪れる理由は現時点で明らかになっていない。実際に病院を訪れるかは、病院側との調整などで変更になる可能性もある。

    24日に病院から官邸に戻った安倍首相は記者団に対し、結果などについて「またお話をさせていただきたい」と述べており、会見では自身の体調を説明する可能性がある。

    安倍首相は今月17日と24日、2週連続で慶応大学病院を訪れた。両日とも官邸に戻ってから記者団に対し、検査を受けたと説明した。

    安倍内閣で経済再生担当相を務めた甘利明・自民党税調会長は26日、ロイターのインタビューで、24日の記者とのやり取りを見る限り「体調はかなりいいと思う」と語った。「お盆休み前に会った時は、正直心配だった」と述べた。

    安倍首相の連続在任期間は24日、歴代最長を更新した。首相は官邸で記者団に対し、「政治においては、その職に何日間在職したかではなく何を成し遂げたかが問われる」と発言。「結果を出すために1日1日、日々、全身全霊を傾けてきた」と語った。

(竹本能文 編集:石田仁志)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^