大紀元時報

カナダ、中国カンシノとのコロナワクチン提携打ち切り

2020年08月27日 11時06分
カナダの科学・産業研究機関であるカナダ国立研究機構(NRC)は26日、中国カンシノ・バイオロジクス(康希諾生物)との新型コロナウイルスワクチンを巡る提携を打ち切ったと発表した。天津市で17日撮影(2020年 ロイター/THOMAS PETER)
カナダの科学・産業研究機関であるカナダ国立研究機構(NRC)は26日、中国カンシノ・バイオロジクス(康希諾生物)との新型コロナウイルスワクチンを巡る提携を打ち切ったと発表した。天津市で17日撮影(2020年 ロイター/THOMAS PETER)

[26日 ロイター] - カナダの科学・産業研究機関であるカナダ国立研究機構(NRC)は26日、中国カンシノ・バイオロジクス(康希諾生物)<6185.HK>との新型コロナウイルスワクチンを巡る提携を打ち切ったと発表した。カンシノにはワクチン候補をカナダに移送する権限がないと判断したことが理由としている。

カンシノは5月、NRCとの提携の下、開発中のワクチン候補をカナダで試験することで合意していた。

ただNRCは、カナダへの移送が遅延しているため「他のパートナーに焦点を移した」とし、「カンシノは現時点でワクチン候補を移送する権限を持っていない」との見解を示した。

これに先立ちカナダのグローブ・アンド・メール紙は、カンシノのワクチン提携が官僚主義的な意思決定の欠陥により失敗したと報じていた。

カンシノが開発しているワクチンはアデノウイルスをベクター(遺伝子の運び手)として利用するもので、すでに後期臨床試験(治験)が開始されている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^