大紀元時報

米司法省と国土安保省、「左派の市民暴動」調査へ=トランプ氏

2020年09月01日 11時16分
8月31日、トランプ米大統領は、司法省と国土安全保障省が「左派の市民暴動」について調査するため、共同作業部門を設立すると明らかにした。写真はホワイトハウスで27日撮影(2020年 ロイター/Carlos Barria)
8月31日、トランプ米大統領は、司法省と国土安全保障省が「左派の市民暴動」について調査するため、共同作業部門を設立すると明らかにした。写真はホワイトハウスで27日撮影(2020年 ロイター/Carlos Barria)

[ワシントン 31日 ロイター] - トランプ米大統領は31日、司法省と国土安全保障省が「左派の市民暴動」について調査するため、共同作業部門を設立すると明らかにした。

トランプ氏は、各地で起きている暴力行為について、民主党のバイデン前副大統領が道徳的支援を与えていると批判している。

各都市で200人以上が逮捕され、オレゴン州ポートランドだけでも100人が逮捕されたと指摘し、警察の暴力行為や人種差別に対する抗議運動が全米各地で起きる中、暴力行為を抑制し、犯罪を厳しく取り締まる姿勢を強調した。

「米国において我々は、決して暴徒による支配に屈服することはない。屈服すれば、民主主義は終りだ」と主張した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^