大紀元時報

フェイスブック、米大統領選挙中の影響調査へ外部研究者と提携

2020年09月01日 11時44分
米フェイスブックは31日、2020年の米大統領選挙期間中に自社のソーシャルメディアサイトが社会に及ぼす影響について調査するため、外部の研究者と提携していると発表した。写真は同社のロゴマーク。2020年1月6日に撮影。(2020年 ロイター/Dado Ruvic)
米フェイスブックは31日、2020年の米大統領選挙期間中に自社のソーシャルメディアサイトが社会に及ぼす影響について調査するため、外部の研究者と提携していると発表した。写真は同社のロゴマーク。2020年1月6日に撮影。(2020年 ロイター/Dado Ruvic)

[31日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>は31日、2020年の米大統領選挙期間中に自社のソーシャルメディアサイトが社会に及ぼす影響について調査するため、外部の研究者と提携していると発表した。

調査結果の公表は早くても来年半ば以降になるという。

今回の取り組みは、ソーシャルメディアの政治的な影響を研究する学者とのプロジェクト「ソーシャル・サイエンス・ワン」を拡大させたもの。

選挙、民主主義、ソーシャルメディア分野の独立系研究者17人からなるチームが、フェイスブックのデータサイエンス専門家らと協力して調査の策定に当たる。

フェイスブックは20万─40万人のユーザーの参加を見込んでいる。このプロジェクトに参加するユーザーは、フェイスブックとインスタグラム上での閲覧や投稿などの行動について記録される。

同社は表示する広告や投稿の種類などで、一部の参加者の体験に的を絞った変更を加えるという。

ユーザーの個人情報を保護するため、外部の研究者に提供されるデータは集約される。

フェイスブックは研究者に報酬を支払わず、彼らが調査結果を発表することを制限しないとした上で、同社が発表前に内容を精査する権利を有するとした。

プロジェクトに参加する研究者の1人で、ニューヨーク大学の政治学教授、ジョシュア・タッカー氏によると、研究者への報酬はない代わりに調査会社への支払いなどのコストをフェイスブックが負担するという。

2016年の大統領選ではソーシャルネットワーク上のフェイクニュースが有権者に影響を与えたとみられており、ソーシャルメディアはそうした問題への対応が不十分だと批判されてきた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^