大紀元時報

デジタル課税、国際的に取り組む必要ある=欧州副委員長

2020年09月01日 12時19分
欧州委員会のドンブロウスキス副委員長は31日、欧州連合(EU)はデジタルサービスによって収益を生み出している企業に課税する必要があると述べた。写真はブリュッセルの欧州委員会本部前ではためくEU旗。2020年7月16日に撮影。(2020年 ロイター/Yves Herman)
欧州委員会のドンブロウスキス副委員長は31日、欧州連合(EU)はデジタルサービスによって収益を生み出している企業に課税する必要があると述べた。写真はブリュッセルの欧州委員会本部前ではためくEU旗。2020年7月16日に撮影。(2020年 ロイター/Yves Herman)

[ウィーン 31日 ロイター] - 欧州委員会のドンブロウスキス副委員長は31日、欧州連合(EU)はデジタルサービスによって収益を生み出している企業に課税する必要があると述べた。徴収した税は将来的にインフラや社会プログラムに充てる必要があるとした。

ドンブロウスキス副委員長はオーストリアで開かれた経済フォーラムにオンラインで参加し、「われわれはデジタル課税に取り組む必要がある。特にデジタル経済はかなりグローバル化しているため、できれば国際的に取り組む必要がある」と指摘。「デジタル経済が進めば、インフラや社会プログラム向け資金を手当てするための税収について困難が増すことにもなる」とした。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^