大紀元時報

岸田氏が総裁選立候補を正式表明、「国民の協力引き出すリーダーに」

2020年09月01日 15時36分
9月1日、自民党の岸田文雄政調会長は、都内の岸田派(宏池会)の事務所で開かれた派閥総会で、総裁選への立候補を正式に表明した。写真は都内で2017年7月撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai)
9月1日、自民党の岸田文雄政調会長は、都内の岸田派(宏池会)の事務所で開かれた派閥総会で、総裁選への立候補を正式に表明した。写真は都内で2017年7月撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 1日 ロイター] - 自民党の岸田文雄政調会長は1日、都内の岸田派(宏池会)の事務所で開かれた派閥総会で、総裁選への立候補を正式に表明した。岸田氏は安倍政権の成果を引き継いで「国民国家のため全力を尽くす」と述べ、新型コロナウイルス感染症対策や経済対策に注力する方針を示した。

<国民の協力に政治の信頼必要>

「国民の協力を得るのは政治の信頼が必要」として、「国民の協力を引き出すリーダーを目指す」と強調した。

派閥の先輩である故大平正芳元首相の田園都市構想をテクノロジーで肉付けした「デジタル田園都市構想」を進め、地方と都市の共存を進めると強調した。国内にも格差問題があると指摘し、持続可能な資本主義や成長戦略が必要とした。

岸田氏は2012年から2017年まで、第2次安倍内閣で外相を務めた。

(竹本能文)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^