大紀元時報

米、対中追加関税の一部除外を年内継続 スマートウオッチなど

2020年09月02日 09時16分
米通商代表部(USTR)は1日、対中追加関税リストの適用除外品目の一部について、除外措置を延長すると発表した。北京で昨年2月代表撮影(2020年 ロイター)
米通商代表部(USTR)は1日、対中追加関税リストの適用除外品目の一部について、除外措置を延長すると発表した。北京で昨年2月代表撮影(2020年 ロイター)

[ワシントン 1日 ロイター] - 米通商代表部(USTR)は1日、対中追加関税リストの適用除外品目の一部について、除外措置を延長すると発表した。スマートウオッチやフィットネストラッカー、無線オーディオデバイス、医療用マスクを含む医療用品などが対象で、今年末まで追加関税が免除となる。

米中は今年1月、第1段階の通商合意書に署名。中国からの輸入品に対する追加関税は、約1250億ドル分に対し7.5%、約2500億ドル分に対し25%となっている。

USTRは以前、1年間の関税適用除外を認めていた。今回、除外延長期間を4カ月に限定した理由は不明。トランプ政権は中国が第1段階の合意を履行しない場合、関税を引き上げると警告している。

USTRの報道官からのコメントは得られていない。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^