大紀元時報

コロナ接触確認アプリ、利用者少数でも感染抑制に効果=調査

2020年09月04日 09時14分
新型コロナウイルス接触確認アプリは、たとえ利用者が少なくても感染拡大を抑制できる――。グーグルと英オックスフォード大学が3日発表した共同調査で、こうした見方が示された。写真は5月、ワシントンで撮影した、マスクを着けた歩行者たち(2020年 ロイター/Tom Brenner)
新型コロナウイルス接触確認アプリは、たとえ利用者が少なくても感染拡大を抑制できる――。グーグルと英オックスフォード大学が3日発表した共同調査で、こうした見方が示された。写真は5月、ワシントンで撮影した、マスクを着けた歩行者たち(2020年 ロイター/Tom Brenner)

[3日 ロイター] - 新型コロナウイルス接触確認アプリは、たとえ利用者が少なくても感染拡大を抑制できる――。グーグルと英オックスフォード大学が3日発表した共同調査で、こうした見方が示された。

グーグルとオックスフォード大ナフィールド医学部の統計モデルによると、接触追跡に携わる十分な人員が確保されているなら、アプリ利用が全人口の15%にとどまっても、コロナの感染率を15%、死亡率を11%引き下げることが可能だという。

接触追跡人員の条件なしで、利用率が15%だった場合でも、感染率と死亡率をそれぞれ8%と6%下げられる。

今回の調査結果は、グーグルとアップルが共同開発したデジタル追跡システムと類似した仕組みで得たデータに基づいている。研究者らは米ワシントン州における家庭、職場、学校や社会的な集まりでの感染拡大状況からシミュレーションを行った。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^