大紀元時報

中印国境紛争、対話で解決できると確信=インド陸軍参謀本部長

2020年09月04日 19時59分
9月4日、インドのマノジ・ムクンド・ナラベーン陸軍参謀本部長は4日、国境を巡る中国との紛争は対話で完全に解決できると確信している、と述べた。写真は3日、カシミール地方の中印国境方面に向かうインド軍のトラック(2020年 ロイター/Danish Ismail)
9月4日、インドのマノジ・ムクンド・ナラベーン陸軍参謀本部長は4日、国境を巡る中国との紛争は対話で完全に解決できると確信している、と述べた。写真は3日、カシミール地方の中印国境方面に向かうインド軍のトラック(2020年 ロイター/Danish Ismail)

[ニューデリー 4日 ロイター] - インドのマノジ・ムクンド・ナラベーン陸軍参謀本部長は4日、国境を巡る中国との紛争は対話で完全に解決できると確信している、と述べた。

国内通信社に対し述べた。

同参謀本部長は「実効支配線(LAC)の状況はやや緊迫している」とし、中国側の侵攻を防ぐため複数の地域に追加で部隊を配備したことを明らかにした。

一方中国も、インド側がLACを越えたとして「中国の領土主権を侵害した」と非難している。

ただ双方とも、状況打開のための話し合いに応じる姿勢を繰り返し示している。

インドと中国のメディアは、両国の国防相がモスクワで会談する可能性があると報じている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^