大紀元時報

ロシア野党指導者の毒殺未遂疑惑、悲劇だが証拠まだない=トランプ氏

2020年09月07日 09時31分
トランプ米大統領は9月4日、ロシアの野党指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏(写真)が毒物を盛られた可能性があることについて、米政権は調査する必要があるが、現時点で証拠を得ていないと述べた。モスクワで2月撮影(2020年 ロイター/Shamil Zhumatov)
トランプ米大統領は9月4日、ロシアの野党指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏(写真)が毒物を盛られた可能性があることについて、米政権は調査する必要があるが、現時点で証拠を得ていないと述べた。モスクワで2月撮影(2020年 ロイター/Shamil Zhumatov)

[ワシントン 4日 ロイター] - トランプ米大統領は4日、ロシアの野党指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏が毒物を盛られた可能性があることについて、米政権は調査する必要があるが、現時点で証拠を得ていないと述べた。

トランプ氏は記者会見で「悲劇的だ。ひどいことで、このようなことは起きてはならない。われわれは証拠を得ていないが、調査する」と述べた。ただロシアを非難することは控え、その後、記者団に対し、ロシアではなく中国に注目すべきだと指摘した。

ドイツ政府は2日、同国で治療中のナワリヌイ氏について、同氏に対し神経剤「ノビチョク」が使用された「疑いのない証拠」が得られたと明らかにした。

米国務省は4日、トランプ氏の会見前、これについて重大な懸念を表明していた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^