大紀元時報

英政府、EU離脱協定の一部を無効にする法案を準備=FT

2020年09月07日 09時32分
9月6日、英政府は、欧州連合(EU)と結んだ離脱協定の主要部分を無効にする新たな法案を準備しており、EUとの通商交渉の崩壊を招く危険性をはらんでいる。写真は英国とEUの旗。ベルリンで2019年4月撮影(2020年 ロイター/Hannibal Hanschke)
9月6日、英政府は、欧州連合(EU)と結んだ離脱協定の主要部分を無効にする新たな法案を準備しており、EUとの通商交渉の崩壊を招く危険性をはらんでいる。写真は英国とEUの旗。ベルリンで2019年4月撮影(2020年 ロイター/Hannibal Hanschke)

[6日 ロイター] - 英政府は、欧州連合(EU)と結んだ離脱協定の主要部分を無効にする新たな法案を準備しており、EUとの通商交渉の崩壊を招く危険性をはらんでいる。6日付の英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が報じた。

FTによると、9日公表される予定の国内市場に関する法案には、国家補助や北アイルラドの税関などの分野について「離脱協定の一部の法的拘束力を失わせる」項目が入る見通しという。

FTは関係筋の話として、この法案は、ジョンソン首相が昨年10月、アイルランドとの間の物理的な国境復活回避に向けて署名した北アイルランドに関する合意を「明確かつ意図的に」骨抜きにするものであると報じた。

英国とEUは今週、通商交渉を再開する。ジョンソン首相は7日、10月15日までに自由貿易協定(FTA)で合意ができなければ、双方は「それを受け入れ、前に進むべきだ」との考えを表明する見通しだ。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^