大紀元時報

フーシ派がサウジの空港をドローン攻撃、有志連合は攻撃阻止と表明

2020年09月09日 05時49分

[カイロ 8日 ロイター] - イランが支援するイエメンの反政府武装組織フーシ派は、8日にサウジアラビアのアブハー国際空港を多数のドローンで攻撃したと表明した。

一方、フーシ派と戦っているサウジアラビア主導の有志連合は、サウジ南部の民間の標的へのドローンの攻撃を阻止し破壊したと発表した。

アブハー国際空港はサウジ南西部のイエメンとの国境近くにあり、ここ2年、たびたびフーシ派のドローン攻撃の標的になっている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^