大紀元時報

トランプ氏、激戦州で遊説 中国巡りバイデン氏批判

2020年09月09日 17時51分
トランプ大統領(写真)は9月8日、遊説先のノースカロライナ州で、民主党の大統領候補に指名されたバイデン前副大統領が中国寄りだと激しく批判した。写真はノースカロライナ州の空港での演説。8日撮影(2020年 ロイター/Jonathan Ernst)
トランプ大統領(写真)は9月8日、遊説先のノースカロライナ州で、民主党の大統領候補に指名されたバイデン前副大統領が中国寄りだと激しく批判した。写真はノースカロライナ州の空港での演説。8日撮影(2020年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ウィンストン・セーラム(ノースカロライナ州) 8日 ロイター] - トランプ大統領は8日、遊説先のノースカロライナ州で、民主党の大統領候補に指名されたバイデン前副大統領が中国寄りだと激しく批判した。

トランプ氏は同州ウィンストン・セーラムで開いた支持者集会で「バイデン氏のテーマはメード・イン・チャイナだ。私のテーマはメード・イン・USAだ」と発言。「バイデン氏はグローバル主義の裏切り者であり、米国の地域社会を荒廃させた」と訴えた。

全米の世論調査では、バイデン氏がトランプ氏にリードしている。

バイデン氏は、国内の農家や産業がトランプ氏の対中貿易戦争で打撃を受けたと主張。米中通商合意の成果が出ていないと批判している。

ノースカロライナ州は11月3日の大統領選の激戦州の1つ。トランプ氏は過去1週間弱で2回、同州を訪れている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^