大紀元時報

不妊治療の保険適用、開始までに早くて2年と菅官房長官

2020年09月10日 08時42分
9月9日 自民党の総裁選に出馬する3候補が日本テレビの番組に出演し、菅義偉官房長官は目玉政策として掲げる不妊治療の保険適用について、開始までに早くて2年程度かかるとの認識を示した。写真は8日に開かれた共同会見の様子。左から岸田文雄政調会長、菅官房長官、石破茂元幹事長。東京で撮影(2020年 代表撮影)
9月9日 自民党の総裁選に出馬する3候補が日本テレビの番組に出演し、菅義偉官房長官は目玉政策として掲げる不妊治療の保険適用について、開始までに早くて2年程度かかるとの認識を示した。写真は8日に開かれた共同会見の様子。左から岸田文雄政調会長、菅官房長官、石破茂元幹事長。東京で撮影(2020年 代表撮影)

[東京 9日 ロイター] - 自民党の総裁選に出馬する3候補が9日夜、日本テレビの番組に出演し、菅義偉官房長官は目玉政策として掲げる不妊治療の保険適用について、開始までに早くて2年程度かかるとの認識を示した。それまでは既存の助成策の拡充で対応するとした。

岸田文雄政調会長は、不妊治療の保険適用と合わせ、少子化対策として出産の費用負担をなくすことも重要だと語った。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^