大紀元時報

米大統領、山火事被害のカリフォルニア州を14日に視察へ

2020年09月14日 12時27分
トランプ米大統領(写真)は9月14日、大規模な山火事の被害を受けているカリフォルニア州を視察する。ホワイトハウスで11日撮影(2020年 ロイター/Kevin Lamarque)
トランプ米大統領(写真)は9月14日、大規模な山火事の被害を受けているカリフォルニア州を視察する。ホワイトハウスで11日撮影(2020年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 12日 ロイター] - トランプ米大統領は14日、大規模な山火事の被害を受けているカリフォルニア州を視察する。ホワイトハウスの報道官がツイッターで明らかにした。

カリフォルニア州やオレゴン州などで発生している火災は記録的な猛暑の中、過去最大級の規模となっており、これまでに少なくとも25人が死亡している。

大統領は先に、カリフォルニア州が火災発生の環境を生み出していると批判。先月の集会では、「(カリフォルニア州は)われわれの意見を聞かないため、代償を払わせる必要があるだろう」と発言した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^