大紀元時報

中東諸国にも武器売却の用意、米雇用に恩恵=トランプ大統領

2020年09月16日 08時01分
トランプ米大統領は15日、イスラエルに売却した同じ武器システムを中東諸国にも売却する意向とし、中東諸国の経済力を踏まえると、米国と米雇用のためになると述べた。アリゾナ州フェニックスで14日撮影(2020年 ロイター/JONATHAN ERNST)
トランプ米大統領は15日、イスラエルに売却した同じ武器システムを中東諸国にも売却する意向とし、中東諸国の経済力を踏まえると、米国と米雇用のためになると述べた。アリゾナ州フェニックスで14日撮影(2020年 ロイター/JONATHAN ERNST)

[ワシントン/ドバイ 15日 ロイター] - トランプ米大統領は15日、イスラエルに売却した同じ武器システムを中東諸国にも売却する意向とし、中東諸国の経済力を踏まえると、米国と米雇用のためになると述べた。

トランプ大統領はFOXニュースに対し「(中東諸国は)おおむねかなり裕福だ」と指摘。アラブ首長国連邦(UAE)は戦闘機の購入に意欲を示しているとし、「一部では戦争が起きるとの声も出ているが、個人的には何の問題もないと考えている」と述べた。

UAEのガルガーシュ外相は、イスラエルとの国交正常化合意前からUAEは米国にF35戦闘機売却を要請する意向だったと述べた。

イスラエルとUAEは8月13日、トランプ大統領の仲介で国交正常化に合意。今月11日にはバーレーンもイスラエルとの国交正常化で合意した。15日にホワイトハウスで国交正常化合意の調印式が行われる。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^