大紀元時報

政府全体の調整役として、既得権益など国民目線で取り組む=加藤官房長官

2020年09月17日 04時57分
9月16日 加藤勝信官房長官(写真)は初閣議後の会見で、 官房長官としての役割について、政府全体の調整、各党との調整、政策を国民に理解してもらうスポークスマンという3つを挙げ、中でも政府全体の調整については、菅義偉首相が強調しているように、縦割りや前例踏襲、既得権益など、国民目線からみて妥当なのか、全体をみて調整したいとした。9月16日 東京で撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)
9月16日 加藤勝信官房長官(写真)は初閣議後の会見で、 官房長官としての役割について、政府全体の調整、各党との調整、政策を国民に理解してもらうスポークスマンという3つを挙げ、中でも政府全体の調整については、菅義偉首相が強調しているように、縦割りや前例踏襲、既得権益など、国民目線からみて妥当なのか、全体をみて調整したいとした。9月16日 東京で撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 16日 ロイター] - 加藤勝信官房長官は16日夜の初閣議後の会見で、 官房長官としての役割について、政府全体の調整、各党との調整、政策を国民に理解してもらうスポークスマンという3つを挙げ、中でも政府全体の調整については、菅義偉首相が強調しているように、縦割りや前例踏襲、既得権益など、国民目線からみて妥当なのか、全体をみて調整したいとした。

何よりも重要なのは、まず危機管理だとし、新型コロナ対応、自然災害、北朝鮮からの弾道ミサイルなどへの対応などにしっかり取り組みたいとした。

菅首相がデジタル庁創設を掲げていることに関連して、首相からの各大臣への指示書に省庁デジタル化への指示が入っていたとし、IT担当相を中心にまずマインバーカードの活用に取り組む必要性を強調。自らも厚労相として健康保険証とつなげることに取り組んできたとし、「一つ一つ決めたことを実行していくことが大事。今回のコロナ禍のもとでデジタル化の遅れを実感しており、国民に実態を理解してもらうためにも、(政府が)情報収集して分析ができることが必要だ」と述べた。

拉致担当相としては、まず横田早紀江さんと飯塚繁雄・家族会代表に電話したことを明らかにし、「日朝平壌宣言に基づき、拉致・ミサイル問題などを包括的に解決し、不幸な過去を清算することを目指すことに変わりはない。米など関係国と緊密に連携し拉致問題解決をはかっていきたい」とした。

(中川泉 )

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^