大紀元時報

英製薬、治験中断の疾患はワクチンと無関係=オックスフォード大

2020年09月17日 11時09分
英製薬大手アストラゼネカが臨床試験(治験)を一時中断した新型コロナウイルスワクチンについて、同社と開発で提携している英オックスフォード大学が、中断の要因となった被験者の疾患はワクチンそのものに関連したものではなかったとの見解を示した。豪シドニーで8月撮影(2020年 ロイター)
英製薬大手アストラゼネカが臨床試験(治験)を一時中断した新型コロナウイルスワクチンについて、同社と開発で提携している英オックスフォード大学が、中断の要因となった被験者の疾患はワクチンそのものに関連したものではなかったとの見解を示した。豪シドニーで8月撮影(2020年 ロイター)

[16日 ロイター] - 英製薬大手アストラゼネカ<AZN.L>が臨床試験(治験)を一時中断した新型コロナウイルスワクチンについて、同社と開発で提携している英オックスフォード大学が、中断の要因となった被験者の疾患はワクチンそのものに関連したものではなかったとの見解を示した。

アストラゼネカとオックスフォード大学が開発しているワクチン「AZD1222」は、英国の被験者の1人に横断性脊髄炎と考えられる副作用が見られたことを受け、6日に世界的に被験者の募集を停止。アストラゼネカは8日、同ワクチンの臨床試験(治験)を世界的に中断したと発表した。

オックスフォード大学がネット上に掲載した被験者情報を説明する文書は「独立調査の結果、症状はワクチン接種と関連がなかったか、関連の有無の判定に充分な証拠が得られなかったかのどちらかと考えられる」としている。

同ワクチンの治験は英国、ブラジル、南アフリカで再開。米国ではまだ再開されていない。

この文書について、アストラゼネカ、およびオックスフォード大学からコメントは得られていない。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^