大紀元時報

台湾中銀、現行政策維持 輸出好調で成長見通し1.6%に引き上げ

2020年09月18日 11時57分

[台北 17日 ロイター] - 台湾中央銀行は17日、政策金利を予想通り1.125%に据え置いた。台湾経済に改善の兆しが出ていることが背景。また、今年の成長率見通しを上方修正した。

台湾中銀は3月の利下げ以降、政策金利を据え置いている。

ロイターのエコノミスト調査では、17人全員が据え置きを予想していた。

中銀はまた、今年のGDP(域内総生産)成長見通しを6月時点の1.52%から1.6%に上方修正。来年については3.28%成長を見込む。

中銀は「政府が景気刺激プログラムを打ち出してから、域内の消費者信頼感は回復し、小売売上高はプラスに回帰している」と指摘。「年央以降、輸出の伸びは電子部品や通信機器に対する堅調な需要を背景に加速している」とした。

中銀はこのほか、2020年のコアインフレ率見通しについて、6月時点の0.36%から0.24%に引き下げた。

楊金龍総裁は「われわれは新型コロナウイルスを非常にうまくコントロールしている。プラスの経済成長を維持している国は数少ない」と指摘。今年は8月までの半導体・通信機器輸出が好調だったと述べた。

台湾経済は第2・四半期に前年比0.58%縮小。それでも中銀は、輸出増加と1兆台湾ドル(343億3000万ドル)規模になるとみられる一連の景気刺激策を背景に、下半期は再び成長に転換すると見通した。

声明では、政府の刺激策導入後に国内の消費者心理が改善し、小売売上高が再び伸び始めたと指摘。「年央以降、電子部品や通信関連製品の国外販売が好調で、輸出の伸びが加速している」とした。

一方、格付け会社フィッチ・レーティングスは中銀会合に先立ち、2020年通年の成長率が1%にとどまると予想。アジア開発銀行も今週、成長率が0.8%とする6月時点の予想を維持した。

中銀の懸念は台湾ドル高で、今年は対ドルで2.7%上昇。これにより、台湾製品の輸出価格が上昇している。

*内容を追加しました。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^