大紀元時報

イスラエルとの国交正常化、さらに5カ国が検討=ホワイトハウス

2020年09月18日 15時10分
9月17日、メドウズ米大統領首席補佐官は、アラブ首長国連邦(UAE)とバーレーンに続き、さらに5カ国がイスラエルとの国交正常化を真剣に検討していると述べた。米、イスラエル、UAE、バーレーンの国旗、ネタニヤで14日撮影(2020年 ロイター/Nir Elias)
9月17日、メドウズ米大統領首席補佐官は、アラブ首長国連邦(UAE)とバーレーンに続き、さらに5カ国がイスラエルとの国交正常化を真剣に検討していると述べた。米、イスラエル、UAE、バーレーンの国旗、ネタニヤで14日撮影(2020年 ロイター/Nir Elias)

[モサイニー(米ウィスコンシン州) 17日 ロイター] - メドウズ米大統領首席補佐官は17日、アラブ首長国連邦(UAE)とバーレーンに続き、さらに5カ国がイスラエルとの国交正常化を真剣に検討していると述べた。

国名は明らかにしなかったが、うち3カ国が中東地域の国だという。これ以上はコメントしなかった。

国交正常化を検討している可能性がある国の1つは、15日に開催された、イスラエルとUAE、バーレーンの国交正常化合意文書への署名式に出席したオマーンだとみられている。またトランプ大統領は15日、サウジアラビアもいずれ国交正常化に合意するとの見通しを示している。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^