大紀元時報

中国裁判所、実業家に汚職で禁固18年の判決 習氏風刺で身柄拘束

2020年09月23日 07時25分
中国・北京市の第2中級人民法院(写真)は9月22日、国有不動産会社の会長だった任志強被告に汚職の罪で禁固18年、罰金420万元(61万9003ドル)の刑を言い渡したと明らかにした。11日撮影(2020年 ロイター/Carlos Garcia Rawlins)
中国・北京市の第2中級人民法院(写真)は9月22日、国有不動産会社の会長だった任志強被告に汚職の罪で禁固18年、罰金420万元(61万9003ドル)の刑を言い渡したと明らかにした。11日撮影(2020年 ロイター/Carlos Garcia Rawlins)

[北京 22日 ロイター] - 中国・北京市の第2中級人民法院は22日、国有不動産会社の会長だった任志強被告に汚職の罪で禁固18年、罰金420万元(61万9003ドル)の刑を言い渡したと明らかにした。

判決文によると、任被告は1億1100万元を横領し、125万元の賄賂を受け取った。また、自身の地位を悪用し、複数の国有会社に1億1700万元の損失を負わせる一方で、自分は1941万元の利益を得たとしている。

任被告は不当に得た金を全額返還し、「すべての訴因について自主的に自白し」、判決を受け入れ上訴しない方針という。

任被告は、習近平国家主席が2月に行った政府の新型コロナウイルス対応に関する演説を巡り、習氏を道化師などと評する記事を出し、3月に身柄を拘束された。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^