大紀元時報

7─8月の感染拡大は接待飲食が主因=西村再生相

2020年09月23日 18時09分
9月23日、西村経済再生相は、「7─8月の感染者数拡大は、レストランやカフェ、テーマパークの人出とは関係がなく、ホストクラブやキャバクラなど接待を伴う飲食で広がった可能性がある」との見解を示した。東京・池袋で7月撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)
9月23日、西村経済再生相は、「7─8月の感染者数拡大は、レストランやカフェ、テーマパークの人出とは関係がなく、ホストクラブやキャバクラなど接待を伴う飲食で広がった可能性がある」との見解を示した。東京・池袋で7月撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 23日 ロイター] - 西村康稔経済再生相は23日の定例会見で、「7─8月の感染者数拡大は、レストランやカフェ、テーマパークの人出とは関係がなく、ホストクラブやキャバクラなど接待を伴う飲食で広がった可能性がある」との見解を示した。主要施設の人出と、新型コロナウイルスの感染者の増減を分析した結果だとした。

7─8月以降、新規感染者数が増大しその後減少したが、レストランやカフェ、テーマパークなどの人出に大きな増減はなかったため、「感染の増大は別のところに要因がある」と指摘した。

(竹本能文)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^