大紀元時報

トランプ氏、最高裁判事後任人事は「ラゴア氏が候補の1人」

2020年09月24日 13時31分
トランプ米大統領は9月23日、アトランタに本部を置く第11巡回区控訴裁のバーバラ・ラゴア判事について、会談は計画していないが、自身の最高裁判事候補に挙がっていると明らかにした。ホワイトハウスで撮影(2020年 ロイター/Tom Brenner)
トランプ米大統領は9月23日、アトランタに本部を置く第11巡回区控訴裁のバーバラ・ラゴア判事について、会談は計画していないが、自身の最高裁判事候補に挙がっていると明らかにした。ホワイトハウスで撮影(2020年 ロイター/Tom Brenner)

[ワシントン 23日 ロイター] - トランプ米大統領は23日、アトランタに本部を置く第11巡回区控訴裁のバーバラ・ラゴア判事について、会談は計画していないが、自身の最高裁判事候補に挙がっていると明らかにした。

ホワイトハウスで記者団に対し、「会談は計画していないが、彼女は私の候補者リストに含まれている」と語った。

トランプ氏は、18日に死去したルース・ギンズバーグ最高裁判事の後任人事を巡り、26日にホワイトハウスで、5人の「素晴らしい」女性の中から候補を発表する方針。上院共和党は11月3日の大統領選の前に指名承認に向けた採決を実施する可能性があるとしている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^