大紀元時報

タイ、外国人の出国猶予と非常事態宣言を10月末まで延長

2020年09月28日 22時13分
タイ政府報道官は28日、新型コロナウイルス流行の影響で同国から出国できない外国人について、ビザの更新の猶予期間を10月末まで延長したことを明らかにした。バンコク国際空港の免税店で6月撮影。(2020年 ロイター/Athit Perawongmetha)
タイ政府報道官は28日、新型コロナウイルス流行の影響で同国から出国できない外国人について、ビザの更新の猶予期間を10月末まで延長したことを明らかにした。バンコク国際空港の免税店で6月撮影。(2020年 ロイター/Athit Perawongmetha)

[バンコク 28日 ロイター] - タイ政府報道官は28日、新型コロナウイルス流行の影響で同国から出国できない外国人について、ビザの更新の猶予期間を10月末まで延長したことを明らかにした。

タイ政府は4月に新型コロナ対策の一環で商業航空便の運航を停止。外国人観光客の入国も禁止しており、外国人は帰還便以外に出国する手段がない状況となっている。

タイ政府は7月、すべての外国人について、3月下旬から9月26日までビザを自動的に延長することを認めた。

タイ政府は28日、非常事態宣言を10月末まで延長することも決めた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^