大紀元時報

米政府、駐イラク大使館員の引き揚げ準備=関係筋

2020年09月29日 18時18分
9月28日、米政府は在イラク大使館を閉鎖する可能性があるとイラク政府に警告し、その後駐イラク大使館員を引き揚げる準備に入った。写真は8月19日、米首都ワシントンでイラクのフセイン外相と会談したポンペオ米国務長官(2020年 ロイター/Leah Millis)
9月28日、米政府は在イラク大使館を閉鎖する可能性があるとイラク政府に警告し、その後駐イラク大使館員を引き揚げる準備に入った。写真は8月19日、米首都ワシントンでイラクのフセイン外相と会談したポンペオ米国務長官(2020年 ロイター/Leah Millis)

[バグダッド 28日 ロイター] - 米政府は在イラク大使館を閉鎖する可能性があるとイラク政府に警告し、その後駐イラク大使館員を引き揚げる準備に入った。イラク当局者2人と西側外交筋2人が明らかにした。

イラクでは、米国が大使館員引き揚げ後即座にイラク内敵対勢力へ軍事行動に移るのではないかとの懸念が広がっている。

イラク政府関係者2人よると、ポンペオ米国務長官は1週間前にイラクのサレハ大統領に電話で、在イラク米大使館閉鎖の可能性をちらつかせた。

また、このイラク政府関係者や西側外交筋2人によると、米政府は27日、大使館を閉鎖した場合に大使館のスタッフを引き揚げる準備を開始したという。

西側外交筋の1人は、米政府はイランや、イラク国内の親イラン軍事組織を弱体化するための選択肢が制限されることを望んでいないと指摘。米政府が経済的政策と軍事行動のどちらを取ると予想するかとの質問に、「軍事行動だ」と答えた。

米国務省は「外国の指導者との非公式の外交的会話についてはコメントしない。イランを後ろ盾とする勢力による米大使館を狙ったロケット砲発射は、米国だけでなくイラク政府にとっても危険だ」と述べた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^