大紀元時報

アルメニアとアゼルバイジャン、係争地巡る戦闘続く 重火器で砲撃

2020年09月29日 18時16分
アルメニアとアゼルバイジャンの係争地ナゴルノカラバフ自治州を巡る交戦は9月29日も続き、重火器を用いた激しい戦闘となっている。写真は9月28日、タルタルで撮影(2020年 ロイター/Aziz Karimov)
アルメニアとアゼルバイジャンの係争地ナゴルノカラバフ自治州を巡る交戦は9月29日も続き、重火器を用いた激しい戦闘となっている。写真は9月28日、タルタルで撮影(2020年 ロイター/Aziz Karimov)

[バクー/エレバン 29日 ロイター] - アルメニアとアゼルバイジャンの係争地ナゴルノカラバフ自治州を巡る交戦は29日も続き、重火器を用いた激しい戦闘となっている。

アゼルバイジャン国防省は声明で、アルメニア軍がフィズリ、ジェブラエル、アグダラ、タルタル方面に向けて反撃を開始し、奪われた地域の奪回を試みたと説明した。

フィズリ付近でけさ戦闘があり、アルメニア軍はナゴルノカラバフから数マイル離れた両国国境のダシュキャサン地方を砲撃したという。

アルメニアはアゼルバイジャン側の主張を否定した。戦闘は夜を通して行われ、ナゴルノカラバフの軍隊が数カ所でアゼルバイジャン軍を撃退したとしている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^