大紀元時報

コロナワクチン、21年に広く利用へ GSKトップが楽観的見方

2020年09月30日 17時26分
英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)のウォルムスリー最高経営責任者(CEO)は29日、新型コロナウイルスワクチンが来年、広く利用可能になるとの楽観的な見通しを示した。写真はイメージ。4月撮影(2020年 ロイター/Dado Ruvic)
英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)のウォルムスリー最高経営責任者(CEO)は29日、新型コロナウイルスワクチンが来年、広く利用可能になるとの楽観的な見通しを示した。写真はイメージ。4月撮影(2020年 ロイター/Dado Ruvic)

[フランクフルト 29日 ロイター] - 英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)<GSK.L>のウォルムスリー最高経営責任者(CEO)は29日、新型コロナウイルスワクチンが来年、広く利用可能になるとの楽観的な見通しを示した。

また、先例にない急速なペースでのワクチン開発によって、ワクチンの安全性が損なわれることはないと強調した。

GSKはワクチン製造で世界最大。現在、仏製薬大手サノフィ<SASY.PA>と連携し、コロナワクチンを開発しており、両社のワクチン候補が来年に承認されることを見込んでいる。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^