大紀元時報

サウジ、来年の歳出削減へ 経済はプラス成長を予想=暫定予算案

2020年10月01日 22時43分
サウジアラビア政府は、来年の歳出規模を7.5%減の9900億リヤル(約2639億4000万米ドル)とする計画だ。リヤドで6月撮影(2020年 ロイター/AHMED YOSRI)
サウジアラビア政府は、来年の歳出規模を7.5%減の9900億リヤル(約2639億4000万米ドル)とする計画だ。リヤドで6月撮影(2020年 ロイター/AHMED YOSRI)

[リヤド/ドバイ 30日 ロイター] - サウジアラビア政府は、来年の歳出規模を7.5%減の9900億リヤル(約2639億4000万米ドル)とする計画だ。一方、新型コロナウイルスへの対応が改善することを見込み、経済は成長軌道に戻ると予想している。30日に公表された暫定的な予算声明で明らかになった。

サウジは、新型コロナの感染拡大に加えて、原油価格の下落や原油減産に見舞われ、今年は歳入が大幅に減少。経済収縮に直面している。

声明によると、サウジ政府は2020年の財政赤字を対国内総生産(GDP)比で12%と予想。来年については同5.1%と見込んだ。

歳出は2022年が9550億リヤル、2023年が9410億リヤルに減少。財政赤字の対GDP比は22年が3%、23年が0.4%に縮小すると予想した。今年の歳出は1兆0700億リヤルの見通し。

キャピタル・エコノミクスの新興市場担当シニアエコノミスト、ジェーソン・ターベイ氏は「政策当局は景気回復の促進に向けてあらゆる方策を検討する強調しているが、今後数年の一段の歳出減を見込んでいるということは、財政緊縮が今後も続くということだ」と指摘した。

声明は、今年の経済は3.8%のマイナス成長とし、国際通貨基金(IMF)の予想(マイナス6.8%)よりも楽観的な見方を示した。

2021年については、「(新型コロナ)パンデミックへの対応が引き続き改善するため」3.2%のプラス成長に回復すると予想した。

声明によると、今年の歳入は7700億リヤルとなり、9270億リヤルだった2019年との比較でおよそ17%減少する見通し。歳入は2021年には、8460億リヤルに増加するとの予想を示した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^