大紀元時報

仏、パリ首都圏のコロナ警戒レベルを最大に引き上げ バー閉鎖へ

2020年10月05日 09時24分
10月4日、仏首相府は、パリ首都圏の新型コロナウイルス感染状況の警戒レベルを最大に引き上げると発表した。バーが6日から2週間閉鎖され、レストランは営業を継続するため、新たな制限に従う必要がある。9月2日撮影(2020年 ロイター/Christian Hartmann)
10月4日、仏首相府は、パリ首都圏の新型コロナウイルス感染状況の警戒レベルを最大に引き上げると発表した。バーが6日から2週間閉鎖され、レストランは営業を継続するため、新たな制限に従う必要がある。9月2日撮影(2020年 ロイター/Christian Hartmann)

[パリ 4日 ロイター] - 仏首相府は、パリ首都圏の新型コロナウイルス感染状況の警戒レベルを最大に引き上げると発表した。バーが6日から2週間閉鎖され、レストランは営業を継続するため、新たな制限に従う必要がある。

首相府は、警戒レベル引き上げの基準を先週半ばに満たしてから、状況は全く改善していないと指摘。

在宅勤務を「今までで最も優先」し、大学の講義室は半分の席以上を埋めてはいけないとした。

これらの制限は6日から2週間実施される。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^