大紀元時報

米大統領顧問のミラー氏、新型コロナに感染

2020年10月07日 12時01分
10月6日、トランプ米大統領の政策担当顧問を務めるスティーブン・ミラー氏(写真)が、新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したと明らかにした。ホワイトハウスで6月撮影(2020年 ロイター/Tom Brenner)
10月6日、トランプ米大統領の政策担当顧問を務めるスティーブン・ミラー氏(写真)が、新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したと明らかにした。ホワイトハウスで6月撮影(2020年 ロイター/Tom Brenner)

[ワシントン 6日 ロイター] - トランプ米大統領の政策担当顧問を務めるスティーブン・ミラー氏が6日、新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したと明らかにした。

先週に感染を発表したトランプ大統領夫妻をはじめ、マクナニー報道官など、ホワイトハウス内ではここ数日でコロナ感染者が相次いでいる。

ミラー氏は声明で「直近5日間はリモートで勤務し、自主隔離を続けていた。毎日の検査で昨日までは陰性だった」と説明した上で「きょうは陽性反応が出たため、隔離状態にある」とした。

ホワイトハウスの副報道官は6日遅く、CNNに対し、ミラー氏以外にホワイトハウス内で新規感染者はいないと語った。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^