大紀元時報

中国の脅しにインドのネットユーザー、台湾国旗に「いいね!」で反撃

2020年10月11日 14時04分
写真は台北101ビルと中華民国(台湾)の国旗(MANDY CHENG/AFP via Getty Images)
写真は台北101ビルと中華民国(台湾)の国旗(MANDY CHENG/AFP via Getty Images)

在インド中国大使館は、中華民国(台湾)の建国記念日10月10日の前日から、インドメディアに対し、台湾報道に関する細かい指示や圧力をかけた。この動きを、中国共産党(以下、中共)からの「間接的な脅迫」と見なすインドメディア関係者の間で不満が生じている。

一方、 中共の脅しに反発するインド市民は、台湾の国旗や台印友好を象徴するメッセージを大量にツイートした。

インドの主要紙「インディアン エクスプレス」や「The Statesman」は7日、台湾政府の広告を全ページに掲載した。同広告で同じ民主主義国であるインドを台湾の本当の同盟国と称賛した。

また、インドのメディアは台湾の特集記事を報道した。

これを受け、在インド中国大使館は同日、インドメディアに対して「一つの中国」の原則を守り、報道で「総統」や「中華民国」などの言葉に触れないよう要求し、圧力をかけた。

インドの独立系ジャーナリストでショーの司会者でもあるAditya Raj Kaul氏は、「これは、台湾を取材するインドメディアに対する中共の間接的な脅迫ですか?」とツイートした。

多くのインドのネットユーザーは、中国大使館の脅しを無視して、ハッシュタグ「#TaiwanNationalDay(台湾の建国記念日)」をつけて中華民国の国旗や台湾への応援メッセージをシェアした。

「台湾が永遠に自由と民主とともにいることを祝福したい」

「台湾とインドが協力して、地域の平和、安定、繁栄を促進することを期待している」

「台湾の隣人になるのが待ち遠しい」などが書き込まれた。

また、台湾の名物「ミルクティー」にちなんで、台印は「ミルクティー同盟」だと示す写真を投稿し、「インドは中共の脅しなど恐れない」と反撃する人もいた。

(大紀元日本ウェブ編集部)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^