大紀元時報

日英経済連携協定、23日に正式調印へ=関係筋

2020年10月13日 10時27分
10月12日、日英経済連携協定(EPA)をめぐり日英両政府が23日に正式調印する見通しであることが明らかになった。写真は日英の旗。北アイルランドのベルファストの空港で2013年6月撮影(2020年 ロイター/Suzanne Plunkett)
10月12日、日英経済連携協定(EPA)をめぐり日英両政府が23日に正式調印する見通しであることが明らかになった。写真は日英の旗。北アイルランドのベルファストの空港で2013年6月撮影(2020年 ロイター/Suzanne Plunkett)

[東京 12日 ロイター] - 日英経済連携協定(EPA)をめぐり日英両政府が23日に正式調印する見通しであることが明らかになった。9月11日に大筋合意し、その後細部を詰めていた。26日に召集される臨時国会で政府は承認案を提出し、来年1月1日の発効を目指す。

複数の関係筋が明らかにした。

日英EPAは欧州連合(EU)を離脱する英国との間で、自動車や農産物に関し、昨年2月に発効した日EU間の経済連携協定(EPA)に準拠した協定を締結するもの。日本は自動車輸出、英国はブルーチーズの輸出で維持・拡大を主眼に交渉してきた。

(竹本能文、金子かおり)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^