大紀元時報

世銀理事会、途上国向け120億ドルの新型コロナワクチン支援を承認

2020年10月14日 09時52分
世界銀行は、途上国の新型コロナウイルスワクチン購入などを支援する120億ドル規模の計画を理事会が承認したと発表した。写真は4月撮影(2020年 ロイター/Dado Ruvic)
世界銀行は、途上国の新型コロナウイルスワクチン購入などを支援する120億ドル規模の計画を理事会が承認したと発表した。写真は4月撮影(2020年 ロイター/Dado Ruvic)

[ワシントン 13日 ロイター] - 世界銀行は、途上国の新型コロナウイルスワクチン購入などを支援する120億ドル規模の計画を理事会が承認したと発表した。

この計画は、途上国が新型コロナワクチンの大々的接種に向けた技術的支援が含まれる。途上国にワクチンに対する強い需要があり、そのための十分な資金があるというメッセージを製薬会社に送ることになるとしている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^