大紀元時報

インドネシアの新型コロナ感染、東南アジア最多に フィリピン抜く

2020年10月15日 21時08分
インドネシアで15日、新たに4411人の新型コロナ感染者が確認された。これにより累計の感染者は34万9160人とフィリピンを抜いて東南アジアで最多となった。写真は、マスク姿でアート作品の前を通り過ぎる人(2020年 ロイター/Ajeng Dinar Ulfiana)
インドネシアで15日、新たに4411人の新型コロナ感染者が確認された。これにより累計の感染者は34万9160人とフィリピンを抜いて東南アジアで最多となった。写真は、マスク姿でアート作品の前を通り過ぎる人(2020年 ロイター/Ajeng Dinar Ulfiana)

[ジャカルタ 15日 ロイター] - インドネシアで15日、新たに4411人の新型コロナウイルス感染者が確認された。これにより累計の感染者は34万9160人とフィリピンを抜いて東南アジアで最多となった。

15日に報告された新型コロナによる死者は112人で、累計1万2268人となった。

一方15日時点のフィリピンの新型コロナ感染者は34万8698人、死者は6497人。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^