大紀元時報

トルコ、黒海沿岸でロシア製ミサイル試射か 米反発

2020年10月19日 12時12分
10月16日、トルコはロシアから購入した地対空ミサイル「S400」 の試射が行われると予測されていた黒海沿岸の北部シノップで、ミサイル1発を発射した。写真は2019年3月、ロシアのカリーニングラード近郊の軍事施設のS400ミサイル(2020年 ロイター/Vitaly Nevar)
10月16日、トルコはロシアから購入した地対空ミサイル「S400」 の試射が行われると予測されていた黒海沿岸の北部シノップで、ミサイル1発を発射した。写真は2019年3月、ロシアのカリーニングラード近郊の軍事施設のS400ミサイル(2020年 ロイター/Vitaly Nevar)

[イスタンブール/ワシントン 16日 ロイター] - トルコは16日、ロシアから購入した地対空ミサイル「S400」 の試射が行われると予測されていた黒海沿岸の北部シノップで、ミサイル1発を発射した。これに対し米国は直ちに反発を示した。

ロイターが入手した映像には、青空に向って細い煙が上っていく様子が映っている。トルコはここ数日、ミサイル試射に向け近辺の海域と空域への進入を規制していた。

軍事専門家のトゥラン・オグズ氏は、映像で確認できる煙の色や濃度、漂い方などから、S400である可能性が高いと指摘。米国はトルコよるS400調達は北大西洋条約機構(NATO)の防衛システムに対する脅威として反発しており、実際にトルコがS400の試射を実施したと確認されれば、米国との間の緊張が高まる恐れがある。

米国務省のオルタガス報道官は、「S400と確認されれば、NATO加盟国、および米国の戦略パートナー国としての責任に背くものとして、最も強い言葉で非難する」と述べた。米国防総省報道官も、S400は発射されるべきでないとの見解を示した。

トルコ国防省はミサイル試射について、肯定も否定もしないとしている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^