大紀元時報

イラン、武器調達に走る必要なし 国連制裁終了で

2020年10月19日 15時01分
10月18日、イランの武器取引を禁じた国連安全保障理事会の制裁措置が、期限を迎えるにあたり、イラン外務省は、防衛分野で自立しており、武器調達に走る必要はないと表明した。写真はイランの旗。テヘランで2012年2月撮影(2020年 ロイター/Morteza Nikoubazl)
10月18日、イランの武器取引を禁じた国連安全保障理事会の制裁措置が、期限を迎えるにあたり、イラン外務省は、防衛分野で自立しており、武器調達に走る必要はないと表明した。写真はイランの旗。テヘランで2012年2月撮影(2020年 ロイター/Morteza Nikoubazl)

[ドバイ 18日 ロイター] - イランの武器取引を禁じた国連安全保障理事会の制裁措置が18日、期限を迎えるにあたり、イラン外務省は、防衛分野で自立しており、武器調達に走る必要はないと表明した。

国営メディアが伝えた声明は「イランの防衛政策は自国民と独自能力を前提としている。非従来的武器、大量破壊兵器、従来型武器の購入ラッシュはイラン防衛政策にはない」としている。

ザリフ外相は「イランの世界との防衛協力の正常化は、多国間主義の大義および周辺地域の平和と安全保障にとって勝利である」とツイートした。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^